返済まで考えて利用する安全な借入

返済まで考えて利用する安全な借入

借入問題を解決した私の体験(女性30代)

借入をした私が抱えてしまったのは、長くかかる返済の負担と精神的な不安でした。お金の不安はかなりなくせましたが、毎月必ず支払わなければいけない出費が増えたのは、収入として赤字にはならなくても精神的にマイナスになってしまいます。長くかかる借入の心配をなくすために私は一時的にもまじめに働いて稼ぎ、一気にまとめて借金を返済して借入額を減らすことに喜びを感じました。

 

借金で抱えてしまう心の負担を、少し考え方を切り替えていくだけでストレスも緩和して返済ができるようになります。私は今では借金はないですが、また借り入れをするような場合に備えて、また、出費ができる可能性を考えて貯金をしておこうと思います。

 

借り入れでよく問題になるのは、返済の延滞で、信用情報にもかなり影響があるようです。私は延滞することはなかったのですが、ネット上で見た口コミでは延滞はかなり大きなリスクになるようなので、気を付けるとよいでしょう。私が借り入れたのは30万円でしたが、毎月の返済が5000円ほどだったので、余計に返済期間が長くなってしまっていました。少しでもまとめて返済ができるように1万円や1万5千円をまとめて返済するようにして心配を減らす工夫もしました。

 

しかし、地道に返済をするよりはまとめて元金を減らした方が私個人はストレスが緩和できました。人によっては他のやり方も考えればそれぞれに抱えている不安を解消できるでしょう。ちょっとした工夫でもまずはチャレンジしてみて、負担を減らせるようにしてみてください。

 

予想外の借入結果を解決するには

金利は高めに計算しておくとよい

借入をすれば必ず返済が必要で、そこには元金だけではなく、金利の支払いも加算されます。特に難しい問題になるのがこの金利です。借りた金額に対してどのように金利がかかるのかを理解して、少しでも安全に利用できるようにしましょう。

 

金利は返済期間や途中追加の借入をすると上がる可能性が高いので、契約前のチェックとして金利計算した場合でも金利は高めにかかるものと思って計算しましょう。1日、2日のずれが含まれていることもあるので、シミュレーションを過信せずに、実際の日数でしっかり計算するようにしてください。

 

返済期間は延びる可能性がある

30万円を借り入れて、毎月1万円で返済すれば単純計算では30か月で返済できますが、実際にはさらに長い期間返済にかかります。そこには金利の支払いも含まれるためで、その分の負担を考えないと予想以上に返済が長引き、生活にかかる負担も大きくなってしまいます。

 

少しでもリアルな情報を得るために返済期間も長めに考えておくとよいでしょう。お金に余裕があるときにはそのことを考慮して、元金を減らせるような返済を約定返済日以外にも進めていくようにしましょう。ちょっとした工夫や計画が返済にはかなり役に立ちます。

 

返済総額を意識して返済しよう

借入をする前の時点で、返済総額を金利の金額と合わせて把握しておきましょう。この数字が完済後に異なっていた場合には、過払い金発生の疑いもあるので、まずはその消費者金融に相談するか、早めに弁護士にアドバイスを求めましょう。過払い金があるかどうかだけは無料でチェックしてもらえることが多いのでしっかり頼りましょう。

 

毎月の返済額だけではなく、返済総額を意識していくとより安全な借り入れができるようになります。元金を減らす返済も多く取れるようになるはずなので、借りたお金を早く返済して負担が残らないように意識していってください。時には、会社からもらえるボーナスなどで一気に返済することもできますので、日々のストレスから解放されるようにお金の管理にも厳しくしておくとよいです。


このページの先頭へ戻る